【真冬】1月のダムの状態

ダム

ダムのように水量の大きなフィールドは水温が下がりにくく、野池などの小さなフィールドよりも秋のパターンが遅くまで続くことが多い。

シモシモ

気温と水温の差が大きいダムでは、水温チャックが大事! 気温を気にしないように。

ポイント選び

風あたりが少なく・日当たりが良い場所は好条件!

水量の大きなフィールドだから水温が下がりにくいのですが、ダムは山の中にあるので気温がすごく下がりやすいので、水温を意識しましょう!

水深のあるボトムが有効

行くフィールドに異なりますが、1月の真冬の場合ボトムをしっかり取ることが重要

水温がある場所

まだ水温があるダムならクランクベイトやミノーで巻いてとることも可能

水温が関係してくるので、なんでもミノーで巻けば良いと思わないように!

【真冬】1月のダム攻め方・釣り方

真冬のバスはバイト(ルアーの食いつき)は非常に小さいので、集中しましょう!

バイトが本当に小さないので、分かりずらい事が多い

匂い

匂いが効く

この寒い時期に少しでもバスにワームをアピールする意味で「匂い」があるかなしかで釣果の差が変化します。

真冬で食い気のないバスには、匂いの付いているワームを選ぼう!

トップウォーターは釣れない!?

絶対釣れないってことはないですが、トップウォーターで出すことは難しい季節

水温が7度前後がトップウォーターで釣れるギリギリなラインなので、これ以上水温が下がってしまうと厳しい

夜・朝マズメ・曇りなどの光が少ない日なら、視界が効きにくい条件でトップウォーターの音が有効になる事もあります。

オススメルアー

レッグワーム

レッグワーム

ダウンショットで使う事がおすすめ

ドライブクローラー

ドライブクローラー

キャロライナリグ・リーダーを80㎝前後でボトムをズル引き(水深のあるダム)

【真冬のダム】youtube動画

日指ダム

布目ダム

真冬のバス釣り
1月の情報まとめ