ルアー重さ(ウェイト)

レベルミノー

過去のアンタレスの最適ルアーの重さは18g以上の重いルアーで遠投するモデルでしたが、

2019年の新型アンタレスは5g~28gと軽いルアーを投げる事が可能なコンセプトで作ってあります。

ダウズビドー(ミノープラグ)も新型アンタレスなら投げやすくなっていて、みんなが一般的に使用する3/8ozクラスの重さが扱いやすいモデル!!

※ダウズビドーの重さ10.7g(3/8oz)

軽量ルアー

小型プラグのルアーも19アンタレスは問題なく投げれます!

ノーシンカー

5g以上のワームなら大丈夫!

ストレートワームの軽い物は少し苦手になっているんで、それを投げたいならベイトフィネスのリールにする事がオススメ

スプールが凄い!!

2019 アンタレス

19アンタレスの大きく変わっているところは、スプールです。

MGL3スプールと言う物を仕様し非常に軽くなっている。

スプールの金属の厚みがとても薄く、過去の物は「第二世代マグナムライトスプール」19アンタレスは「マグナムライトスプールⅢ」と進化しています。

しかも!?スプール幅も37mmから34mmとコンパクトに!

新型アンタレスの飛距離

遠投モデルの19アンタレスですが、飛距離もすごい!
秦さんが19アンタレスを解説してる動画を参考

  • リール:19アンタレス
  • ライン:12ポンド
  • ルアー:トリゴン

飛距離

92m!?

【SHIMANO 2019 Antares】秦さん解説動画

巻物・バイブレーションなど

重いバイブレーションなら80~90m前後飛ばす事が可能なリール

打ち物・ピッチング

飛距離の数字はまだ公表されていませんが、軽量スプールの影響でピッチングや打ち物系などでも、着水する前の弾道が落ちないと奥田さんが説明しています。

ブレーキ

2019 アンタレス

SVS∞(インフィニティ)と言うブレーキシステム

遠心力ブレーキで中に4つのブロックが存在します。

オンの状態のブレーキの数を増やす事でドンドンブレーキを強める事が可能、更に外側に付いているダイアルで調整もできる!

ブレーキ調整(セッティング)

2019 アンタレス

投げるルアー(重さ)でブレーキの強さが変わります。

初めは内部のブロック2つもオンにし、外側のダイヤルを中間にして投げて調節する事が良い!

アンタレスの性能に慣れてくれば、簡単にブレーキセッティングができるようになると思います(*’▽’)

遠心ブレーキ 調整

中を開けると4つの透明なブロックが出てきます。

このブロックを外側にカチッと移動すればオンの状態になります。オンの数を増やす事でブレーキが強くなるので、糸が出すぎる場合は(バックラッシュ)ブレーキを強くしましょう。

マグネットブレーキは

19アンタレスはマグネットブレーキではないです。

遠心力ブレーキの方が飛距離が出る、マグネットブレーキはセッティングがしやすいメリットが存在しますが、19アンタレスに関してはセッティングは簡単な物になっています。

メカニカルブレーキ

過去のアンタレスはメカニカルブレーキが存在しましたが、19アンタレスはメカニカルブレーキではなく外部で調節可能なダイヤルが付いています。

ノーブレーキ

アンタレスはノーブレーキにする必要はない!

ブレーキをオンの状態でも、飛距離が出るリールです。

ノーブレーキにしてしまうと…キャスト直後の初速が凄すぎるためバックラッシュするはず(笑)