2月のバスの状態・季節

冬 川

1年で1番水温が低い状況になりやすいのは2月
(1年で1番気温が低いのは1月です)

ブラックバスも冬モードになっているので、釣るのが厳しくなっています。

ただ..水温が安定して低い状態になっているので、バスの居場所・釣り方(冬パターン)さえ掴むことができれば結果が出やすい時期。

この時期のバスは、動かないので捕食する本当に回数が少ない

2月のバスは釣れない!?

ブラックバス

池の水がキレイ!?

水温が下がると池・海などの水は透明度が上がりクリアなキレイな状態になります。

透明度が上がると、バスから釣り人の姿が見えやすくなったり、ルアーを見切りやすい状態になっている。

シモシモ

キレイになる理由は、水温が下がると植物のプランクトンが育たないから

冬のバスは捕食する回数が…本当に少ないです。

理由は水温が下がり、バスの基礎代謝(きそたいしゃ)も下がる。そのため消化する速度が遅いので食べる回数が少ない

1度、満腹状態になってしまえば1~2週間はエサを食べなくても大丈夫らしい(*´ω`*)

食べる回数が少ないので、釣れないと言われる理由の1つ

厳冬のバスが釣れないと言われる理由

  • エサの食いが悪い状態
  • バスの居場所が特定できない
  • 冬のバスの釣り方を理解していない

ボウズっ!!

当たり前の季節(笑)

厳冬のバスがいる場所

ボトム

水温が7℃を切るとバスは冬パターンに突入! 2月の時期はどこのフィールドに行っても7度以下になっている、ほぼ間違いなく冬パターンと思ってもらえれば大丈夫。

バスが好む場所は、水温が安定している所

ブラックバスは急激な水温変化を嫌います。冷たい風があたる場所などがダメなポイントです。

好むポイント

  • 日当たりが長く温まる所
  • 風が当たりにくい場所
  • 水深がある所(ボトム)
  • ウィードエリア
  • 湧き水・温排水
  1. 日当たりが長い場所は、北側! 日照時間が長いです。
  2. 風があると表水温がさがりやすい
  3. 冬の朝は放射冷却で表水温が低下するので水深がある場所がよい
  4. 2月だとウィード(藻)が少ない可能性が高いですが、寒さを防ぐ事ができるポイント
  5. 温排水(工場などの水)は比較的に温かい

【2月】のバスの釣り方・攻略

レベルバイブブースト

出典:レイドジャパン

1月のバス釣りよりも…厳しいのが2月

水温が7℃以下になるとバスの動きが悪くなり、ルアーをスローに攻める事が基本になってくる。本当に口を使ってくれない状態になっているので、リアクション(反射で口を使わせる)方が釣れやすい事もあります。

釣れる時間帯も、水温が上昇する14時前後が釣れやすいと言われている。

2月の雨が有効!?

雨

普通…真冬の雨が降った場合は水温が下がるので釣れなくなると思いますが、雨の影響で変化するものも存在します。

それは、水質の濁り!

冬の場合、植物のプランクトンが寒さで減るので~水質がクリアになっています。

雨が降る事で池の水が濁り、濁りの影響でルアーを見切られにくくなり・バスをだましやすくなる♪

雨が降った次の日など、濁りだけが残った状態がオススメです。

釣れる好条件を追加させよう!

匂い

  • 日当たりが長く温まる所
  • 風が当たりにくい場所
  • 水深がある所(ボトム)
  • ウィードエリア
  • 湧き水・温排水

この条件が釣れる可能性が上がるものです。更に釣れるようにするには好条件が複数重ねる事が大切!

例えば…

1.テトラポットの穴を狙う場合でも、大きな穴を攻めるよりも他の人が打ちづらい・打ちにくい小さい穴の方がプレッシャーが低く好条件になります。

2.更にその穴の中でも、カバー(ゴミや枝)が覆いかぶさる状態は寒さを防ぎやすくなり

3.水質がクリアなので、テトラポットのシェード(影)でバスをだましやすい!

小さい穴+カバー+シェードと3つ合わせる事で、口を使いづらい時期のバスが釣れるようになります。

こうように、ただ釣りをするだけではなく! 色々な好条件を重ねる事でバスを釣れやすくなる事を忘れずにっ!!

実は…11月(秋)よりも2月が簡単?

地域にも寄りますが、秋よりも2月(真冬)の方が簡単に釣れるって方もいます。

この理由は、2月の方が釣り人がいなくなりプレッシャーが減る。 魚が1ヶ所に溜まりやすいので狙う場所が明確!

バスの居場所が分かる方には実は簡単な季節!

朝マズメが釣れる!?

朝マズメ

この季節の釣れる時間帯は、水温が上がる14時前後がオススメと言っています!

これは基本の考え方で、ネットの情報や誰に聞いても水温が上がる方が良いと答えると思います。

実は…朝マズメが有効な季節なのも事実(笑)

この理由は、水質がクリアになる冬!

朝マズメや夜の方が水温が下がってしまうけど視界が悪い状況なのでバスをだましやすい

14時前後は水温が上がる…小魚も動けるようになります。このタイミングでバスのスイッチが入ると言われていますが、朝マズメの水温が低い状態だと小魚などは動きづらい状況です。

小魚が動けないって事は…バスにとってはチャンスタイムですよね(笑)

地域・フィールドによって変化はしますが、みんながやる事は誰でも釣れる魚です。みんながやらない事に価値があるので2月の難しい時期に釣れる人は、何かしら工夫をしているんですよね( *´艸`)

2月のバス釣り
攻略情報まとめ