悩み

アジング初心者で、どのラインを選べばよいか悩んでいる方へ。

釣りの経験が全くない人・釣りの経験はあるがアジングは初めてで、どんなラインを使えばよいか知りたい。太さも理解したいと考えていませんか?

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • アジングで使用するラインの種類
  • 初心者にオススメなライン
  • ラインの太さやラインの特徴

この記事を書いている僕は釣り暦22年でアジング暦は2年、アジングで色々なラインを使用してきました。

※記事は約5分で読み終わります。

—スポンサーリンク—

アジングで使用するラインは合計4種類

  • ナイロンライン
  • フロロカーボンライン
  • PEライン
  • エステルライン

アジングで使用されるラインは合計4種類存在します。

4つ特徴を簡単に説明していきますね(*’▽’)

ナイロンライン

レベルバイブブースト

メリット

価格が安く・トラブルが少ないので初心者に扱いやすいラインです。他のラインと比べて伸びるのが特徴!

デメリット

伸びるラインなので魚の当たりが分かりずらい事がある

浮力があるので、状況によっては使いずらい事も…

フロロカーボンライン

ベイトフィネス

メリット

擦れに強いので、海藻や岩があるエリアで活躍する糸です。伸びが少ないのも特徴
風などの影響を受けづらく、アジの小さな当たりも分かりやすい。

デメリット

ラインが固いのでリールのスプール(糸を巻いている場所)からラインが飛び出すトラブルが多いです。

ライントラブルが多いので初心者にはオススメしずらい。

peライン

レベルバイブブースト

メリット

伸びが少なく強度も高いラインです。飛距離も出るのでアジングなど軽い物を飛ばすのには適したライン

デメリット

価格が高い、浮力の高い糸なのでボトム(海底)を探る時に少し不便。

風・潮の影響も受けやすく、リーダーを付ける必要のあるライン

エステルライン

テトラワークス

メリット

アジングの中で1番人気のあるラインで、しっかり水に沈みます。

伸びが少なく・風や潮の流れにも強い。アジの小さな当たりもわかる

デメリット

伸びが少ないので、瞬間的なテンションで切れやすい

スプールへの糸馴染みが悪く、ラインが飛び出すトラブルがある

リーダーを付ける必要のあるラインで、劣化のスピードも早い

peとエステルはリーダーが必要です

peラインとエステルラインを扱う際は、基本リーダーと言われる糸を結ぶ必要があります。

理由は、pe・エステルだけでは切れる可能性が高い・魚から糸が見破られやすい物になっている

アジング リーダー

出典:Honda釣り倶楽部様

リーダーで使用されるラインは、ナイロンかフロロです。

—スポンサーリンク—

初心者のアジングラインの選び方は2つ

初心者と言っても【釣りの経験者】と【釣り未経験】ではオススメするラインが変わってきます。

【釣り未経験者】ではライントラブルが多く・リーダーを結ぶ事も大変。

アジング初心者(釣り経験があり)の方は、少々扱いずらくても性能が良い物を選択した方が良い

このように自分のレベルにあった物を選ぶ事が、とても大事です。

釣り初心者はナイロンライン

ナイロンライン

ナイロンラインは初心者に扱いやすい

ナイロンラインはトラブルが少なく、リーダーを必要としない糸です。

価格も安く、釣りをこれから始める人や女性に釣りを教える人でも最初はナイロンラインからスタートさせる事が多いので釣りの経験が浅い人はナイロンで!

※ちなみに僕のオススメは【サンヨーナイロン】GT-R PINK-SELECTION

このラインは使いやすく摩擦に強いラインですが..欠点があります。
GT-Rは非常に伸びるラインなので感度が分かりずらい物になっている。切れない・扱いやすいと言うメリットでオススメにしています。

アジング初心者はエステルライン

エステルライン

レベルアップの為にエステルラインを使いましょう

エステルラインはライントラブル・リーダーが必要になってくる糸ですが、そのデメリットを補うほどのメリットを持っているライン。

飛距離・感度・操作性が良い優れている為、アジングをやる人はエステルラインを使用する事が多いです。

釣りの経験がある方なら、リーダーを結ぶ事も最初は大変かもしれませんが慣れるのも早いはずなのでエステルをオススメします。最終的にエステルラインになる事が多いのでエステルにするなら早めが良いと言う考えです。

※エステル以外にも地域・場所によってはpeを使用する事もある。

※ちなみに僕のオススメは【サンライン】鯵の糸

鯵の糸の理由は、エステルラインの初心者に扱いやすい物で1個240mと長い商品です。80mを3回に使用すれば価格が安いので使用しています。

ラインの太さはどうする?

【釣り初心者】ナイロンラインの太さは?

3ポンド以下を選ぼう(0.75号以下)

ラインが太いとトラブルの原因になります。

ラインを太くすればするほど巻き癖が付きやすくライントラブルが多くなる。飛距離の低下もするので個人的には2~3ポンドがオススメ。

アジのサイズにもよりますが基本3ポンドあれば大体のアジを釣る事が出来る。

※デカいアジがいる地域やシーバス・太刀がよく釣れてしまう場合は太くする事もある

【アジング初心者】エステルラインの太さは?

1ポンド前後を選択しましょう!

1.2ポンドでも良いですが、できるだけ細い物の方がメリットが多い

ラインを細くすることで飛距離が出る・ライントラブルが減ります。そのため強度は失ってしまいますが、アジングでエステルを使用する人は1ポンド前後を選んでいます!

リーダーは3ポンド・30センチ前後

ナイロン リーダー

エステルラインにはリーダーを付けましょう

1ポンド前後のエステルラインだとさすがに強度が低いので、テトラポッドなどの根ズレ対策にも…釣れない事もないですが瞬間的な強度がないエステルだと予想よりも大きい魚がかかった場合に、すぐ切れてしますのでリーダーを付ける事がオススメです。

3ポンド前後のリーダーあれば、ある程度のアジなら問題なく取れます。

使用するリーダーの種類ですが、基本ナイロンかフロロで僕はナイロンを使用しています。

ナイロンの方が伸びが良くアジに吸い込みやすいと言う理由からナイロンを使用しています。一般的にはフロロなのでリーダーはお好みで大丈夫(*’▽’)

※ちなみに僕のオススメは【サンライン】のスーパーZ