アビ50は刺し方が2つ

バックスライドセッティング

アビ50

アビの基本となる刺し方、頭から尻にかけてオフセットフックを付ける。

投げた際に後方重心になるのでカバーなどにいれやすいです。

順刺し(通常の刺し方)

アビ50

順刺しと言われる普通の刺し方です。

アビでは使用回数が少ない刺し方かもしれませんが、順刺しにする事でフォール時が水平になります。

ピンポイントで狙う際は、順刺しのフォールが有効!

オフセットフックの付け方

ネイルシンカーの刺す場所

アビ50

アビにはネイルシンカーの刺す場所が腹の部分にある。

ネイルホールがあるので、針で穴を開けるとネイルシンカーが刺しやすいです。

風が強い時、水深が深い場合に有効

ネイルシンカーを入れる事で、アビの飛距離が上がります。

あと風が強い時や水深が深い場合でも扱いやすくなるので、状況に応じてネイルシンカーを入れましょう!