ディーブローシャッドの特徴

ディーブローシャッド

ディーブローシャッドは近年ハイプレッシャーフィールドや寒い時期・過酷な状況でも1匹獲る為に開発されたルアーです。

コンセプト

  • 巻き心地の良い物
  • 直進の安定性

青木大介さんがディーブローシャッドに求めた物は、巻きでしっかり獲れるルアー

ただ巻き・早巻き・遅巻きでも「巻き」をメインに開発した物です。

冬に有効

冬のバスは寒く動きにくく、水質がキレイになって食わせる事が大変になってきます。

メタルバイブなどのリフト&フォールやシャッドの早巻きなので、ルアーを見切らせにない事が大切な時期になっているので、ディーブローシャッドは効果的です

ディーブローシャッドの使い方

スーパープリスポーン

基本は、ただ巻き!

早巻きでも、ゆっくり巻いてもしっかり直進してくれます。

障害物に当てても浮き上がりが少ないので、ボトム(底)に当てて使用するクランキングシャッドとしても有効なルアー

DBLOW SHAD58SP 水中映像

ディーブローシャッドのタックル

ベイトフィネス

ベイト

ロッド(竿)

5.3gのルアーなので、ベイトリールならベイトフィネスで使用するロッドがオススメ。

リール

アルデバランなどのベイトフィネスリールが投げやすく飛距離が出ます。

ライン

8ポンドが前後が使いやすい

10ポンドでも問題ないので、状況に応じて変えても良い。

スピニングタックル

ロッド

スピニングならライトクラスのロッドで投げる事ができます。

ロッドは(L)ライト~(ML)ミディアムライトクラスがオススメですね。

レイドジャパンのロッドならディフェンダーかストライド

リール

スピニングリールは5ポンド前後がしっかり巻ける物が良いです。

ライン

フロロの5ポンド前後が丁度よい

ディーブローシャッドの動画

DBLOW SHAD58SP / Promotion 青木大介実釣解説