ダウズスイマーが有効な時期

池

基本、春~秋にかけて有効になってくるルアーです。

冬でも釣れないわけではないですが、やる気のあるバスじゃないと食ってこないと思う。

時期と言っても季節の状況によってダウズスイマーの出し所が変わってくるので、注意が必要。

水温が上がり表層にバスがフラフラしてくる時期に食いあげてくる。産卵を控えているバスがイカクで襲い掛かってくる時期でもあります。

水温が上がり夏の季節、川などの流れ込みに入れて釣れる時期になる。

適水温で色々な場所に移動してしまう時期、大きなシルエットでバスを引き寄せる意味でダウズスイマーが有効になってきます。

ダウズスイマーが得意とする場面

ダウズスイマー

220mmと大きなシルエットが特徴なルアー

アピール力が凄いので、カバー(浮きゴミ・立ち木など)からバスを引き寄せる事が可能です。

しかも引き寄せたあとに、ジャークを入れるとバスにスイッチを入れる事が出来る。

バスの居場所が分からない時

サーチルアーとしても可能です。数投する事で魚がいるかを判断する事ができますが、あまりにも大きいルアーなので…小さいサイズの魚が追ってこない事もw

でっかいバスを釣りたい時

ビックサイズルアーなので、釣れたら基本40センチ以上の大きさになります。

※30㎝以下も釣れた情報を入っています(笑)

釣れるアクション方法

釣り

ダウズスイマーの使い方ですが、基本「ただ巻き」で魚を寄せてからアクションして食わせる事が多いルアーです!

ただ巻き

基本となるアクションの「ただ巻き」

ゆっくり巻く事で、ゆるやかなS時で泳ぎます!

ジャーク

瞬間的に竿を引くと…左右に大きくスライドする事が可能!

他のビッグベイトルアーよりも左右の移動距離が長いのが特徴です。

強いS時を演出

連続でジャークを入れると、もの凄い・強いS時をします!ダウズスイマーだからこそ出せるアクション。

バビューン

ダウズスイマ

左右に移動する事も出来ますが、縦にもアクションする事もできます。

縦にアクションさせたい場合は、ダウズスイマーをチューニングが必要。

ダウズスイマーにオモリを付けて、沈める。魚が近づいてきたら逃げるイメージで、縦にダウズスイマーを引っぱります。

左右よりも上に逃げる方が有効になる場面もある

ダウズスイマーの釣果

—スポンサーリンク—

ダウズスイマーの動画

PV (ダウズスイマー220SF) 秦拓馬 / ジャッカル

新発売!ダウズスイマーの取扱い説明動画。

22cmの超巨大ルアーで魚が釣れる!?

【巨大ルアー】ワザを使って巨大魚の捕食スイッチを入れる

ダウズスイマーが喰われまくる衝撃【東京湾コノシロパターン】

足元のロクマル達を次々に反応させる大ワザ。

大型ルアーで小さな流れを横切らせると…【告知アリ】

帰る、と見せかけて魚を油断させて釣る!【富士五湖遠征釣行】