冬でもエグダマは..おすすめ!?

エグダマ

エグダマは基本、虫ワームのように水面で誘ってバスを釣るルアーですが…実は冬でも有効なルアーです!

エグダマは、沈む事が可能な虫なのでレンジを変えれば釣れてしまう(笑)

言い方を変えれば、水中で何かに引っ掛けて使う事ができる!

しかも、中層にいるバスは基本やる気のある個体で大きいのが特徴

冬のバスは冷たい水を嫌う

冬になると表層は風で冷やされる。
したがって深い場所を好む魚が増えるのですが、冷たい水は比重が重いのでボトム(水底)に溜まります。

表層・ボトムの冷たい水がある場所はバスが嫌うので、中層が有効になる事がある。

ストラクチャーがポイント

バスはストラクチャー(障害物)に付きたがる魚、
中層に浮き・岩や木など障害物があるポイントではエグダマの出番。

冬のエグダマの使い方

ボトム

通常は枝に引っ掛けて使う物ですが、冬の場合は水中にある物を使います。

テトラポットや水中にある枝など…

狙うレンジは?

表層にバスがいない時期なので、中層を狙いましょう!

水深が4mの場所なら、2mくらいからシャイクで誘う。

ポイント

バスの目線よりも上が有効

シモシモ

バスの目線よりも下げてしまうとバスにルアーが見切られやすい

中層で誘い続ける

他のルアーでは中層を誘う事が難しく、サスペンドミノー・シャッドだと止めれる時間に限りがあった

でもエグダマは、引っ掛ける事が出来れば…ずっと誘う事が可能!!

冬のバスは口を使いずらいので、中層の魚を攻略しやすいルアーです!

冬のエグダマのタックル

ブラックバス

行くフィールドで異なりますが、パワーベイトフィネスよりもベイトフィネスが有効になる事がある。

ライン

テトラポット帯ではPEラインが不向き
PEラインは摩擦に弱い糸なので、ナイロンなどの方がオススメ!

冬のエグダマの解説動画

エグダマの正しい使い方
情報まとめ