ホールフリック

ホールフリックを使用した感想が気になる方へ

ホールフリックの実際の釣果や使用感想を知りたい。
メリットやデメリットがあったら、ついでに知りたいと思っているひとに。

こういった悩みに答えます。

  • 本記事の内容
  • ホールフリックの実際の釣果
  • インプレッション【メリット・デメリット】
  • 糸を通す時に注意が必要です。

この記事を書いている僕は釣り暦22年ほど。
ホールフリックで実際に釣っています…サイズは小さいですが(笑)

ホールフリック

※記事は約3分で読み終わります。

—スポンサーリンク—

ホールフリックの釣果

ホールフリック

出典:ぽん(♡´艸`)ニヒヒ♡*゜様

発売して1週間もせず50アップの報告があります…はやーww

実際に僕も使用して思った事は、カバーに入れる事ができるネコリグは強いはずっ!

インプレッション(評価)

ホールフリック

メリット

  • 根がかりが少ない
  • 飛距離が出る
  • ノーシンカーでも使える

デメリット

  • 入り数が少ない
  • 糸を通す場所が分かりずらい

メリット1.カバーにどんどん入れる事が可能

カバー(障害物)専用ワームなのでガンガン入れる事が可能です。

1時間ほど使用しても根がかりなし! 場所にもよりますがストレスなく釣りができます。

メリット2.飛距離◎ よく飛びます!

ストレートワームだけど5.6インチで6.6gもあるので、それなりに飛びます。

ベイトフィネスが推奨のリールですが、スピニングじゃなくても使えるストレートワーム

メリット3.ノーシンカーでも使える

以外にもシンカー(おもり)を入れなくても使用する事が可能!

普通のフリックシャイクと比べると動きは落ちますが、ボリュームのあるクネクネアクションが可能です。

デメリット1.入り数が少ない

  • 5.6インチは7本入り
  • 6.5インチは6本入り

810円でこの入り数は、少し少ない感じです。
引っかかりにくいので、なくしにくいけど…購入した時に少ないと感じる人もいるかもしれません。

デメリット2.針を通すのが分かりずらい

ワームの穴に糸を通す事が前提になっているワームなので、はじめは戸惑うかも(笑)

慣れれば問題なし!

糸を通す場所で動きが変わる

フックを付けたあとにラインを結ぶと思いますが、ラインをホールフリックの穴に通さないとホールフリックが水中で反転する現象が起こります。

ホールフリックの穴を通した場合

ホールフリック

フックが下にあります。

ホールフリックの穴を通さない場合

ホールフリック

フックが上にあります。

この穴にラインを通さないとワームを動かしたときに、ホールフリックが反転します。

通常は穴にラインを通しますが、通さないとワームがブリブリ動くので…もしかしたらアピール力アップで釣れるかもしれません(笑)

反転する動画があるので、もし興味があったら確認をお願いします。
約1分7秒くらいから反転の動画が始まります。

まとめ

まとめ

カバーに入れる事ができるストレートワームは、かなり釣れやすいと思います。

ただ…自分でも作成できそうなワームなので作成できる人は作っても良いかもしれませんね!

というわけでホールフリックのインプレは以上です。

1番重要なのは「カバーに入れる事」だと思いますので、ぜひ試してみてください!