メガロパはカニの幼生(ようせい)

メガロパ

出典:海の微小な生きものたち

メガロパはカニの赤ちゃんです。

カニの成長で呼び名が変わる生物で、卵から羽化した幼生はゾエアと呼び。その後脱皮を繰り返す事でメガロパと成長していきます。更に成長する事で稚ガニになる。

実際のメガロパの大きさ

カニの種類にもよりますが、20mm~60mm前後。

テトラワークスは、これに同じくらいの大きさで再現しリリースをしています。

メガロパパターンが存在する!?

あんまり聞かない言葉ですが、メガロパパターンが存在します。

シーバスでコノシロパターンなど、特定の魚(エサ)がヒットするパターンが存在し、実はメガロパパターンもあるんです。
メガロパをメインに食べてる魚もいるので、この小さいサイズが有効になる事も…!