ダンベル
オモックの重さが、すぐに分かる重さ早見表を作成しました。

作る時や重さを知りたい人には便利だと思います。

—スポンサーリンク—

重さ早見表

重さ
(g)
3.75 1
7.5 2
11.3 3
15 4
18.8 5
22.5 6
26.3 7
30 8
33.8 9
37.5 10
75 20
113 30

オモリの重さですが、1号=3.75gです。

なので、

  • 2号は7.5g
  • 4号は15g
  • 6号は22.5g
  • 8号は30g
  • 10号は37.5g

と覚えると分かりやすいかもですね!

魚別の重さの目安

使用するオモックですが、重さによって狙う魚が変わってきます。
正確には扱うタックルで重さが変わりますが、目安を作りました。

  • ブラックバス: 3号(約11.3g)
  • アイナメ: 4号(約15g)
  • メバル: 1号~2号前後
  • チヌ(クロダイ) 3号(約11.3g)
  • 真鯛: 8号以上(30g)船で使用
  • シーバス: 8号(30g)
  • ヒラメ・マゴチ 8号(30g)

上記は目安です。
使用する状況やタックルで重さは変わってくるので、参考程度で!

重さ(大きさ)によってフックサイズが変わる

オモックの重さで、オモリの大きさが大きくなります。
フックサイズも比例するので参考にしてみてください!

重さ
(g)
3.75 1 ♯2
7.5 2 ♯2
11.3 3 ♯2
15 4 ♯4
18.8 5 ♯4
22.5 6 ♯4
26.3 7 ♯6
30 8 ♯6
33.8 9 ♯8
37.5 10 ♯8
75 20 ♯14
113 30 ♯14

魚の種類によっては、大きくしたり小さくしてもよさそう

僕はガマカツを使っているけど・・・

オモック

僕はガマカツのアシストフックを使用しています。

値段は安い物ですが、自分で作成できる人は作った方が安いですね。