オモックの作り方

出来るだけ安く・簡単にやっていきます。
ただ…このオモックに関して対象となる魚によってオモリの重さ・針の大きさ・作り方など人それぞれ異なってくる自作のルアーです。

今回はオモリ4号(15g)の物で海のライトゲーム~バス・トラウトで扱えるサイズの物で説明していきます!
※もっと大きなサイズのオモフックでも作り方は基本一緒なので参考になると思います。

—スポンサーリンク—

必要な道具

オモック

  • ステン針金(Φ0.55mm)
  • オモリ(ナツメ4号.15g)
  • スプリットリング(♯2)
  • ソリッドリング(内径3.5mm)
  • 管付チヌ針(4号)
  • アシストフック(4サイズ)
  • ペンチ
  • フィシングプライヤー
  • 細い棒(+ドライバー・六角レンチなど)

アシストフックのみの場合

オモック
オモック

基本、この上記の物で作る事が可能(チヌ針・ソリッドリングなし)

  • ステン針金・ペンチは100均で購入可能。プライヤーも100均にあるのですが、先端がスプリットリングに対応していない物が多いのでフィシングプライヤーの方がオススメです。
  • オモリも種類が多いですが、ナツメオモリ(ラグビーボール形)が基本になる。
  • 針は基本、海で使用する物を選ぶ。淡水をメインの方なら問題ないですが、バス用だと海で使用するとサビやすい
  • スプリットリングはDUOを使用、カルティバの方が有名ですが少し高い。
  • アシストフックはメーカーによって表記が異なります(S.M.Lサイズなど)使用するオモリと比べると1番良い(今回はがまかつの4)
  • 重さ4号に合わして、アシストフック・スプリットリング・ステン針金の太さを選んでいます。もっと大きい対象魚の場合は大きくなる。

※写真を取る為に六角レンチを使用しています。実際はもう少し輪が細い物がベスト

針金の選び方

オモック

100均では色々な種類の針金が置いてあります。

今回はステンのΦ0.55mmを使用、もっと大きな魚の場合はΦ0.9mmに上げる。

他にも100均ではスチールの物が売られていますが、あまりオススメしません!

スチールとステンの違い

スチールの長所と短所

  • 安い
  • 加工しやすい
  • 錆びる

ステンの長所と短所

  • 値段が高い
  • 加工しにくい
  • 錆びにくい

オモックを作る時、スチールだと柔らかいので不安になる(笑)少し加工はしにくいがステンを選びましょう!

オモック作成早見表(目安)

重さ
(g)
リング 針金
(Φ)
3.75 1 ♯2 2 0.55
7.5 2 ♯2 2 0.55
11.3 3 ♯2 2 0.55
15 4 ♯4 2 0.55
18.8 5 ♯4 2 0.55
22.5 6 ♯4 4 0.9
26.3 7 ♯6 4 0.9
30 8 ♯6 4 0.9
33.8 9 ♯8 6 0.9
37.5 10 ♯8 6 0.9
75 20 ♯14 10 0.9
113 30 ♯14 11 0.9

※あくまでも目安です。
メーカーによってサイズは変わり、すべて作成したわけではないので、指摘がありましたらコメントをいただくと嬉しいです。

針金の加工

針金を切る

オモック

15センチくらいに適当に切る。余るくらいの方が加工しやすいので、適当で大丈夫です。

棒に針金を巻く

オモック

針金が交差する部分を抑える

オモック

Φ0.55mmの太さなら指で押さえる事ができる。

抑えたまま、棒を巻く

オモック

ほどけなくなっていればOK

巻きつけて余分な部分はカット

オモック

オモリの中に針金を通す

オモック

六角だと輪が大きいので+ドライバーなどの方が4号の重さには丁度よい!

はみ出た針金をカット

オモック

約1センチ程度残して切る。そのあとオモリの方に曲げれば良い。

フックの取り付け方

スプリットリングをつける

オモック
オモック
オモック

スプリットリングを針金に付ける。プライヤーは先端が曲がっている物で、曲がっていないと時間がかかりまくります。

アシストフックの取り付け

オモック
オモック

完成!!

最初は作るのが大変ですが、1回作ってしまえば本当に簡単にできるルアー!

アシストフックも作る事が可能なパーツですが、少し時間のかかる物なので個人的には市販の物をオススメします。

もっとコストを安くしたい人、作ってみると良いでしょう♪

チヌ針・ソリッドリングタイプ

ソリッドリングをつける

オモック

チヌ針をつける

オモック
オモック

チヌ針用のオモックは、オモリが2号でチヌ針も2号を使用しています。

小さいアシストフックがない場合や、針がフラフラするのが嫌な人はコチラの方が良いと思います。

チューニングが可能

オモック
オモック

針金で輪を作った部分を後方にも作ると、ブレードやフックを取り付ける事ができます。

地域・対象魚によってはカスタマイズした方が釣れるって事もあるのでお好みでやってしまいましょう(*’▽’)

大きさの比較

オモック

2号と4号の大きさです。iPhone6と比べてみました。

かなり小さいサイズの物なので、メバルやシーバス・ブラックバスに使えるサイズです(*’▽’)

オモフック作成動画紹介

オモック

オモフックの作り方は人それぞれ違います。色々な方が作っているので、もし僕のが参考にならなかった場合は動画を見ていただくと助かります。

作った方が安いですが、ネットでも販売しています。