悩み

ランガンのタモホルダーを悩んでいる方へ。

おすすめのタモホルダーを知りたい。使い方も理解したいと考えていませんか?

こういった疑問に答えます。

1タモホルダーの必要性

2ランガンをする際はタモホルダーがあった方がよい

3タモホルダーと言っても種類があります。

4僕のおすすめのタモホルダ

—スポンサーリンク—

タモホルダーの必要性

タモホルダーライト

ランガンをする際はタモホルダーがあった方がよい

タモを持ってランガンする際は、移動回数が多い場合はタモホルダーがあった方がかなり便利です。

毎回手で運んで釣りをやると、めんどくさい事がよくわかります(笑)

タモホルダーがないとタモを落とす事がある

タモホルダーを使わないで、ベルトやバックなどに挟んで移動する事も可能ですが…よく落ちます。

池や海に落とす事もあるので、ベルトやバックに挟む事はおすすめできません。

タモホルダーと言っても種類が異なります。

タモホルダーと言っても、メーカーによって形や性能が異なります。自分の使用する釣りのスタイル・タモで自分にあったタモホルダーを選びましょう。

僕のおすすめのタモホルダー

  • プロックスのタモホルダーライト
  • プロックスのタモホルダーV3

タモホルダーライト

タモホルダーライト

タモホルダーV3

タモホルダーV3

両方ともタックルベストの背中・ベルト・ウエストバックに挟む事ができるので、おすすめです。

タモホルダーライトとタモホルダーV3の大きな違いは、ダイヤルが付いているかです。ダイヤルが付いているので、挟む場所が移動できるので姿勢を崩す状況で使える優れもの!(テトラポットの上など)

タモホルダーV3はカッコイイですが、値段が少し高いのです。