レゼルブジュニア(Jr.)の特徴

レゼルブ ジュニア

使用する場面は、オリジナルと同じ

トップウォータープラグなので、使用する場面としては小魚が表層に逃げている状況などに有効になってくるワームです。

あとトップウォーターはバスに見切られにくい特徴もあります。

夏に有効

バス

トップは夏に有効!

春でも秋でもトップで出る事が多いですが、夏がレゼルブジュニアの定番の時期になります。

虫パターンの時など

小魚が表層に逃げている状況以外にも、虫パターンで魚が虫を狙っている時にも効くルアーです。

枝の下に投げる事が少しは大変ですが、釣れる可能性が高いのでオススメ

ベイトのサイズが小さい時に有効

レゼルブ

オリジナルのレゼルブと比べてサイズ・重さがサイズダウンしています。

ショートバイトの時に

オリジナルのサイズで食いきれない状況の時にジュニアにする事で、針までしっかり乗る事がある。

飛距離は落ちる

ルアーが軽くなるので、飛距離が出ないので注意が必要。

ハイピッチアクション

オリジナルサイズと比べて、アクションがハイピッチに動く物になっています。

サイズが小さいのでアピール力が下がりますが、小魚が逃げ惑うアクションはジュニアの方が良いですね!

レゼルブジュニア(Jr.)の動画