スピンビドー70SPの特徴

スピンビドー70SP

スピンビドーは人気ルアーのダウズビドーを小型化したルアー

バスがメインとしている小魚をイメージした物で、ミノーのような形をしていますが、ロングリップを付けているのでミノーよりもハイピッチ・小魚が逃げ惑う姿を演出させることができるルアーです。

飛距離も出る

スピンビドー70SP

投げた時にボディの後ろまでウエイトが移動する2連重心移動システム

ボディの後方にオモリが行くので、キレイな姿勢でよく飛びます。しかも使用している時も、高速リトリーブにも耐えるバランスになっている。

動きにキレをました。

オリジナルのダウズビドーと比べると、サイズが小さくなる事で水の抵抗が減り、水中のアクションがキレキレになる。

リアクションで誘う事が得意なルアーですね。

スピニングタックルで使用可能

ダウズビドーはベイトタックルで使用する物でしたが、スピンビドーはスピニングタックルで使う事ができます!

スピンビドー70SPの使い方

イメージは小魚

ボトム

スピンビドーは小魚をモチーフにしたルアーなので、小魚を食べてる・追っている状況で効果的な物

レンジを気を付けよう

スピンビドーの潜行深度:約1.2m

バスが2メートル付近にいる場合などは、下から食いあげてくることがありますが、水深5メートルなど深場に停滞・時期なのでスピンビドーを使用しても釣れない可能性が高いので注意!

何度も何度も投げる

スピンビドー70SP

この手のルアーで間違えやすいのが、少し投げたら終わりって人が多くいますが、何度も何度も同じ所を通す事で魚が釣れる事があります。

魚がいる事が前提の話になりますが、バスの目の前をスピンビドーが通る事でリアクションで食ってくるルアーだと思って使用してみてください!

アクション・操作方法

スピンビドー

スピンビドーの基本的な使い方は4つ

ただ巻き

普通に巻くだけでもバスが釣れます。

スピンビドーはハイピッチアクションにも対応しているルアーなので、高速巻きで使用した方がスピンビドーのポテンシャルを出せると思います。

ストップ&ゴー

巻いて、止める。 巻いて、止める。

状況によってはストップ&ゴーの方が効く時期もあります。

ジャーク

スピンビドー・ダウズビドーの得意とするジャーク

逃げ惑う小魚をイメージする感じ。

トゥイッチ

小刻みにロッドを引く事で可能なトゥイッチ

トリッキーなアクションでバスに見切られない感じで使用すると効果的